歯周病の治療について|博多区千代 野田歯科医院

歯周病の症状と治療について

歯ぐきの状態

当院では必要と判断した方に歯石とりを始めとした歯ぐきの治療を行っています。

 .jpg  _P0.jpg  _P1.jpg  _P2.jpg  _P3.jpg
健常歯肉 P0
(少し出血する) 
P1
(歯ぐきが腫れる) 
P2
(歯の支えがなくなり始める) 
P3
(歯がグラグラになる) 

 

歯ぐきの治療の流れ

① プローブというもので歯ぐきから顎の骨までの距離(歯周ポケット)を測った後、歯ぐきからの出血の有無、歯の動きをみていきます。

12211.jpg

② 超音波スケーラーという機械を用いて、歯石をとり、歯周ポケットの中を洗います。

その後、必要に応じて、歯の表面の汚れ(着色)を専用のブラシで取っていきます。機械でも取れない場所(歯ぐきの中)は専用の器具で歯石をとっていきます。

1221.jpg

③ 再度、①の検査を行って、歯ぐきの状態に応じて、差し歯の治療に進むか、歯ぐきの細かな治療を行っていきます。